ウェルカムドール手作りキットを選ぶ時のポイント

ウェルカムドール手作りキットを購入する時は、
どんな条件で手作りキットを選びますか?

やっぱり、一番のポイントは
ウェルカムドールの可愛らしさでしょうか。

ですが、ウェルカムドール手作りキットは
それぞれのキットによって難易度が違いますので、
そのことも考慮して手作りキットを購入すると
途中で挫折してしまうことも減るのではないかと思います。

以下では
ウェルカムドール手作りキットの難易度を知るための
目安についてご紹介しています。

詳細に関しては それぞれのページの
ウェルカムドールの作り方の写真などでチェックしてみて下さい。

ウェルカムドールは和装、洋装?

ウェルカムベアの手作りキットには
定番のウェディングドレス姿のウェルカムベアキットだけでなく、
和装姿のウェルカムベアキットもあります。

私自身が両方のウェルカムベアを作ってみての感想ですが、
和装のウェルカムベアの方が衣装作りが難しかったです。

洋装のウェルカムベアですと、
衣装はウェディングドレスタイプの他に
ベールとアクセサリーだけのシンプルなデザインのウェルカムベアも販売されていますが、

和装のウェルカムベアは
どれも本格的な着物のデザインばかりになっています。

ベア自体の難易度が同じだとしても、
衣装が洋装か和装かによって難易度が変わってしまいます。

ですので、
手作りにかけられる時間の少ない人の場合ですと
和装のウェルカムベア手作りキットは ちょっと大変かもしれません。
(あくまでも私の主観ですが。)

ウェルカムドール手作りキット1

この和装ベアの白無垢の衣装は
今回作った3種類のウェルカムベア・ウェルカムドッグの中で
一番作るのに時間がかかった衣装でした。

ミシンなしの手縫いだと、
かなり時間がかかりそうです。

ウェルカムドール手作りキット2

▲ページの先頭へ戻る

カット済みの生地か?

ウェルカムベアの生地は、
ご自分で型紙を使って生地をカットするタイプの手作りキットと、
あらかじめ生地が裁断済みの手作りキットの2タイプがあります。

あらかじめ生地が裁断してあるタイプですと
すぐにウェルカムベアを縫い始められるので、
時間のない人には、こちらのキットの方が便利だと思います。

ただ ウェルカムベアの生地は裁断済みであっても、
ベアの衣装の生地は裁断済みではない手作りキットもあります。
(当サイトで作った3つの手作りキットは、全て衣装生地は自分でカットするタイプでした。)

ウェルカムドール手作りキット3

型紙を写して、
ウェルカムベアの生地を自分でカットしていきます。

手間ではありますが
この作業の難易度は高くありませんでした。

ウェルカムドール手作りキット4

▲ページの先頭へ戻る

ウェルカムベアの生地の種類

ウェルカムベアを縫う時には
ベアの生地の素材も影響してきます。

例えば、
綿100%の生地と、ふわふわの毛足の長い生地とでは
縫いやすさに違いがあるかと思います。

また ご自分でウェルカムベアの生地をカットするタイプの手作りキットですと、
毛足の長い生地の場合は
毛足の向きなども考慮してカットしなくてはならないので、
その点でも手間がかかります。

ウェルカムドール手作りキット5

ただ、毛足の長いウェルカムベアは作るのは大変ですが、
縫い目は比較的ごまかせると思います。

ウェルカムドール手作りキット6

私の作ったウェルカムベアの場合、
ベアの顔の鼻と口元は下手過ぎて、ごまかしきれていませんが・・・・。

この歪んだ微妙なウェルカムベアの顔でも、
私的には かなり頑張っています。

生地の違いによって
作りやすさにも違いがありますが、
出来上がりの雰囲気も違いますので
手作りキットの難易度と好みのデザインとを考慮して選んでみて下さい。

オススメのウェディングアイテム

モンチッチのウェルカムドールです。(手作りキットではありません。)

▲ページの先頭へ戻る