和装ウェルカムベア手作りキット 【1】

今回作ってみるウェルカムベアは、
こちらの白無垢の和装ウェルカムベア手作りキットです。

手作りキット しあわせくまさん和装

和装ウェディングベア1

和装ウェルカムベア手作りキットはこんな感じで、
中には「作り方の説明書」や「ウェルカムベアの材料」が入っていました。
(手芸綿、両面テープはキットには含まれていないので、別に用意しました。)

和装ウェディングベア2

まずは、和装ウェルカムベアの本体から作ります。

先程の洋装のウェルカムベア手作りキットと同様で、
この和装ウェルカムベア手作りキットも
カットされていないボア生地と型紙がセットになっているので、
自分で型紙を使って生地をカットしなくてはなりません。

和装ウェディングベア3

手作りキットにある型紙をハサミで切り抜いて、
その型紙をボア生地の裏面に写します。

この和装ウェルカムベア手作りキットも
縫い代込みの型紙になっているので、
型紙通りにそのままカットできます。

和装ウェディングベア4

型紙を写す時は、
右側の分、左側の分となるように
型紙を1枚は裏返して写します。

難しい作業ではありませんが、
このウェルカムベアのボア生地のカットは手間でもありました。

ですので
ウェルカムベア作りの時間を少しでも短縮したい人の場合には、
「ボアは裁断済み」の手作りキットの方が便利かもしれません。

和装ウェディングベア5

ボア生地をカットしている時は
毛がふわふわと散ってしまうので、
私は下に薄紙を敷いてカットしました。

和装ウェディングベア6

ボア生地をカットできたら、
あとはひたすら縫っていきます。

説明書の指示通りに
各パーツを縫い合わせます。

和装ウェディングベア7

本当はマチ針で仮留めをしながら縫っていくのですが、
私はマチ針ではなくクリップを使ってしまう時もありました。

マチ針よりもクリップの方が
厚みのあるウェルカムベアの生地を扱いやすかったからです。
(邪道なのかもしれませんが、こんな方法もある・・・・ということで。)

和装ウェディングベア8

耳、顔、手、体など
それぞれのパーツを縫い合わせます。

厚みのあるボア生地は
コットン生地などと比べると縫いにくいのですが、

この和装ウェルカムベア手作りキットのボア生地は
先程の洋装ウェルカムベア手作りキットのボア生地と比べると、
縫いやすかったように私は思います。

和装ウェディングベア9

各パーツを縫ったら、
説明書の通りに手芸綿を詰めて、
詰め口を縫い閉じます。

この和装ウェルカムベアは
顔や手をプラスチックジョイントなどでつけるのではなく、
そのまま糸で縫い付けてしまうタイプなので、
顔や手のパーツも手芸綿を詰めたら そのまま縫い閉じてしまいます。

和装ウェディングベア10

各パーツが完成したら、
まずはウェルカムベアの顔から完成させます。

頭に耳を縫い付けるために
耳をマチ針で仮留めして、
耳の位置のバランスをチェックします。

この和装ウェルカムベア手作りキットは、
『鼻先から何cmの所に耳を付ける・・・・』と
説明書にイラスト付きで解説してくれているので、
耳の位置を決めやすかったです。

和装ウェディングベア11

耳の位置が決まったら、
耳を頭に縫いつけて、
顔のベースが完成です。

次は顔に表情をつけていきます。

和装ウェルカムベア手作りキット【2】に続きます。

オススメのウェディングアイテム

色内掛けの和装ウェディングベア手作りキットです。

▲ページの先頭へ戻る