ウェルカムベア手作りキット 【5】

ウェルカムベア手作りキット【4】の続きです。

新婦ウェルカムベアの衣装作りは大変でしたが、
新郎ウェルカムベアの衣装作りは簡単です。

まずは、白いスウェード生地を
型紙を写してカットします。

ウェディングベア手作りキット1

これは新郎のベストなのですが、
肩と脇の部分を縫い合わせるだけで
ほとんど完成してしまいます。

ベストはスウェード生地で
ほつれないので、
そのままの状態で良いので簡単です。

ウェディングベア手作りキット2

ベストを縫い合わせたら、
次に ベストにマジックテープを縫い付けます。
(このマジックテープも手作りキットに含まれています。)

ウェディングベア手作りキット3

ちょっと硬くて針を刺しにくいのですが、
小さなマジックテープなので
大変な作業ではありませんでした。

ウェディングベア手作りキット4

次に、ベストの前身頃にパールビーズを縫い付けて、
左胸元にブートニアを縫い付けます。

ウェディングベア手作りキット5

ブートニアはワイヤーの余分な部分をカットするなど、
説明書の通りに作業をするだけなので、

新婦のウェディングドレス作りと比較すると
新郎の衣装作りは短時間で済みます。

ウェディングベア手作りキット6

あとは、ブルーのサテンリボンと
丸くカットしたレースを縫い合わせて、
それをウェルカムベアに縫い付けるだけです。

これで新郎のウェルカムベアの完成です。

ウェディングベア手作りキット7

顔の表情作りが大変でしたが、
これで洋装のウェルカムベアが完成しました。

このウェルカムベアは
別売りのドールスタンドがないと自立ができないタイプなので、
結婚式でウェルカムベアを立たせた状態で飾りたい場合には
別途ドールスタンドが必要となります。
(→ドールスタンド

ウェディングベア手作りキット8

ウェルカムベアの後ろ姿はこんな感じです。

ウェディングベア手作りキット9

上の画像は
手作りキットのパッケージ表紙の写真です。

ウェディングベア手作りキット10

自分で作ったウェルカムベアを同じポーズにしてみましたが、
やっぱり同じようには作れていませんでした。

比較してみると、
鼻のサイズなど顔の違いが特に目につきます。

このサイトで作った3つのウェルカムベア(ウェルカムドッグ)の中で、
このウェルカムベア手作りキットが
一番難易度が高かったように私は思います。

ウェディングベア手作りキット11

このウェルカムベア手作りキットの作成タイムの目安は
『180分×5日』となっています。

15時間が目安の手作りキットですが、
本当にその位の時間が私はかかりました。(正確には、それ以上かもしれません。)

・・・と言っても
他の2つの手作りキットの作成タイムの目安は
どちらも『4時間』となっていたのですが
私は実際にはその倍以上の時間はかかってしまっていたので、

この手作りキットだけが
特別に作成時間がかかる訳でもないように思います。

手作りキットを販売しているメーカーによって、
作成タイムの基準が違うのかな・・・・・と思います。

ウェディングベア手作りキット12

このウェルカムベアは
初めてのウェルカムベア作りということもあり、
今回作った3つの手作りキットの中で
一番完成度の低い出来となってしまいました。

初めてウェルカムベアを作る人には
違うタイプの手作りキットの方が無難なのかとも思いますが、
大変な分 作った達成感のある手作りキットでもあるかと思います。

オススメのウェディングアイテム

白猫と黒猫のウェルカムキャットです。(手作りキットではありません。)

▲ページの先頭へ戻る