ウェルカムベアキット 【4】

ウェルカムベアキット【3】の続きです。

ウェルカムベアの本体が完成したので、
次は衣装を作ります。

ウェディングベアキット1

ウェルカムベアの本体と同じで、
衣装も型紙を写して、生地をカットしてから作ります。

衣装の生地をカットするのは
ウェルカムベアのボア生地の時よりは簡単な作業でした。

ウェディングベアキット2

衣装のサテン生地をカットしたら、
説明書の通りに縫っていきます。

まずは新婦ウェルカムベアのスカートから作ります。

ウェディングベアキット3

この衣装作りは
アイロンを使いながらの作業になります。

折り目をつけたり、
縫い代を割ったり・・・・と
アイロンをかけて、また縫って・・・・の繰り返しです。

ウェディングベアキット4

私は衣装はミシンを使って作りました。

ですので、衣装作りには
そこまで時間はかかりませんでしたが
手縫いの場合はドレス作りに時間がかかるかと思います。

ウェディングベアキット5

ドレスのスカートを作ったら、
次は身頃を作って、それを縫い合わせます。

ウェディングベアキット6

身頃にはレースが重なっているなど
可愛らしいウェディングドレスなのですが、
ウェディングドレス作りには手間もかかりました。

ウェディングベアキット7

スカートにギャザーを寄せて
身頃を合わせるのですが
この作業が衣装作りの中で難しい部分かと思います。

ウェディングベアキット8

説明書にも書いてあるのですが、
マチ針を打って、仮縫いをして、
それから本番縫いをすると仕上がりがキレイになります。

と言うか、私は仮縫いをしないと
ちゃんと縫い合わせられない感じでした。

仮縫いは面倒に感じるかもしれませんが、
仮縫いをした方が結果として楽だったと私は思います。

ウェディングベアキット9

身頃とスカートを縫い合わせた部分は
上の画像のような感じになります。

ウェディングベアキット10

その縫い合わせたウエスト部分に
サテンリボンを縫い付けます。

ただ、このサテンリボンはぐるっと縫い付けないで
リボンを巻いて、部分的に縫い留めるだけで良いのかもしれません。
(説明書の解説が、ちょっと分かりにくかったです。)

ウェディングベアキット11

これで、ウェディングドレスがほぼ出来上がりました。

あとはマジックテープや、
リボンとお花のパーツを縫い付けるだけです。

ウェディングベアキット12

ウェディングドレスの背中には
マジックテープを縫い付けます。

ウェディングベアキット13

・・・・ですが
ジョイントで体の向きを間違えた為なのか、
体に手芸綿を詰め過ぎた為なのか、

私の作ったウェルカムベアには
マジックテープは無理な状態でした。

ウェディングベアキット14

ですので
マジックテープを縫い付けずに、
そのまま糸でウェディングドレスの背中を縫い合わせてしまいました。

ウェディングベアキット15

ウェルカムベアにウェディングドレスを着せると
こんな感じです。

ウェディングベアキット16

ウエストの部分には、お花とリボンを縫い付けます。

このお花は手作りキットに含まれているので、
そのまま縫い付けるだけの簡単な作業です。

ウェディングベアキット17

次に、ウェルカムベアに
ベールを縫い付けます。

ウェディングベアキット18

ベールのギャザーの部分が隠れるように
上からサテンリボンを縫い付けて、

リボンの中央には
パールビーズを縫い付けます。

ウェディングベアキット19

最後にブーケを手に縫い付けたら完成です。

このブーケは最初から完成したものがキットに含まれているので、
自分でブーケを作る必要がなく簡単です。

ウェディングベアキット20

これで、新婦のウェルカムベアが完成です。
次は、新郎の衣装を作ります。

ウェルカムベアキット【5】に続きます。

オススメのウェディングアイテム

「魔女の宅急便」のジジとリリーのウェディングキャットです。
(リリーの頭にあるティアラは別売りです。)
(手作りキットではありません。)

▲ページの先頭へ戻る